花より男子
スポンサードリンク

2007年07月31日

花より男子(1-36巻 全巻)

花より男子(1-36巻 全巻)
商品名:花より男子(1-36巻 全巻)

価格:¥12600
(税込み) <送料別> カード利用可

商品詳細:
作者:神尾葉子出版社 : 集英社版型 : 新書版状態 : 並(中古本)発送時期 : 当日〜3日で発送新品定価:15,498円(税込)
ショップ名:まんが全巻 楽天市場店

楽天で購入する
★モバイルの方はこちらから楽天で購入!

Powerd by 楽っぺ&あまにゃん

 【関連商品】
Honey (9冊揃) 橘裕【中古本】はじけてB.B.(全5巻)<5冊全巻セット>日本全国=送料・郵便振替手数料無料/研磨仕上・除菌クリーニング済女帝エカテリーナ 〔文庫版〕全3巻 池田理代子/作新入荷!《中古本》KIRAI全10巻
posted by 花より男子 at 15:55| 日記

2007年04月24日

花より男子画像〜道明寺司〜

道明寺司(どうみょうじ つかさ)

誕生日:1月31日
身長:185cm 
体重:67kg 
血液型:B型

道明寺家の長男で跡取り。道明寺といえば世界にも名をとどろかせる大財閥の一つで総資産は数千億。
F4のリーダーでF4内でもNO.1の金持ち。
性格はわがままで、喧嘩っ早いが、純粋な心根の持ち主。
つくしに恋をしてから荒々しさが徐々に優しさへと変わってゆく。
財閥の跡取り息子ということで、あらゆる事態(誘拐など)に備えて習得した護身術のおかげで喧嘩は大の得意。
「金で買えないものなんかない」というのが信条だったが、つくしと出会って徐々に変わってゆく。
道明寺邸にはエステサロンやヘアサロンから、室内プール、ジェット機用滑走路などが完備されている。
築50年で大宮殿を思わせるようなコロニアル調の大邸宅。
英徳学園高等部3年生。F4のリーダー。世界的に名を馳せる、道明寺財閥の御曹司。
財力と持って生まれたルックスにモノを言わせ、オレ様街道まっしぐらで、行動全てがゴージャス。
「金で買えないものはない」と豪語し、人の心は金次第で簡単に変わると思っている。
しかし、つくしとの出会いで少しずつ、その性格が変化してゆく。
金持ちがゆえに幼少の頃、友達ができず、屈折した思いを抱えている。
F4のメンバーと知り合う以前は、もっと荒れていた。
父も母も、仕事で自分のそばにいなかったため、自分は親に愛されていないという思いがある。
思考は短絡的で、ひとことで言えばバカ。しかも、ちょっとしたことで火がつきやすく、暴力的。
ケンカの腕はF4イチ。媚びる女が大嫌いだが、好きな女の前ではかなりウブ。

posted by 花より男子 at 10:43| 日記

花より男子〜牧野つくし〜

牧野つくし(まきのつくし)

誕生日:12月28日
身長:160cm
体重:48kg
血液型:B型

性格は極めて明るく、曲がった事やウジウジと悩むことが嫌い。リストラされた父に代わり、アルバイトを掛け持ちして牧野家を支える大黒柱。
お金持ちの令嬢・子息ばかりが通う英徳学園で数少ない庶民。友達を守り、F4の赤札の標的にされ、全校生徒からいじめられても決してめげることなく、最後まで立ち向かった
貧乏ながらも、超金持ち名門高校・英徳学園に通う高校2年生。
曲がったことが嫌いで、逆境に立たされても自分の力で前に進んでいく、芯の強い女の子。
貧乏で頼りない家族や、F4に振り回され、事あるごとにトラブルに巻き込まれてしまうが、持ち前の明るさで、たくましく生きていく。
普段は強気なのだが、その分、恋愛には超オクテ。
結構モテているのにまったく自覚がなく、相手を傷つけてしまう激ニブ女。
つくしは、F4のメンバー・花沢類に密かに惹かれていくのだったが、そのうち、リーダーの道明寺司がつくしを好きになってしまい、複雑な展開に。
やがて、それは、学園内はおろか、政財界を巻き込んだ、一大恋愛模様へと発展していく。
posted by 花より男子 at 10:42| 日記

花より男子画像〜花沢類〜

花沢類(はなざわ るい)(役:小栗旬)
誕生日:3月30日
身長:182cm 
体重:65kg 
血液型:AB型

花沢類は社長のジュニアとして厳しく躾けられ、他人と関わり合うのがすこし苦手。
幼少時はとても内向的であった。。
性格はひたすらマイペース型。
常にボーっとしているが、見るべきところは見ている。
バイオリンを弾ける。
内向的だった自分を救ってくれた静に幼稚舎の頃から恋心を抱き続けていたが、静を追ってフランスで一緒に暮らすうちに、
恋ではなく憧れだったと気付くのち、つくしを好きになる。

F4の中では花沢類が一番いい。
現実には一番いなさそうなキャラです。
あんな王子様みたいな類に私も見守られたい。



posted by 花より男子 at 10:42| 日記

花より男子

『花より男子』(はなよりだんご)は、集英社の月刊少女漫画誌「マーガレット」で1992年から2004年まで連載された神尾葉子の少女漫画作品。
単行本全36巻、完全版全20巻。第41回(平成7年度)小学館漫画賞受賞。通称は花男「はなおとこ」
同社発刊の「マーガレット」の屋台骨として、長年に渡り根強い人気を博したが、2004年にその連載を終了。
裕福な生徒の多い学園に何故か紛れて入学してしまった、貧乏少女の奮闘と恋の物語。
連載期間が長かった事もあり、そのファン層の年代は幅広い。
日本では映画化、アニメ化、そしてテレビドラマ化もされ、台湾でも『流星花園(りゅうせいはなぞの)』の題名でテレビドラマ化もされている。
英語表記もそのままMeteor Garden。
2005年9月の時点で発行部数4800万部と少女漫画歴代2位の売上げを誇っていたが、日本でのドラマの大ヒットを受け、同年12月には発行部数を5400万部まで伸ばし、
ついに日本一売れた少女漫画となった。
なお、2005年12月9日発売の「マーガレット」本誌において、2006年中に続編を描くことを作者が明言し、同誌2006年15号(2006年7月5日発売)に読み切り形式で発表され、
完全版最終巻に収録された。

posted by 花より男子 at 10:42| 日記

花より男子のあらすじ

名門の筋やら素封家やらの子弟が入学する事で知られる英徳学園高校に、何の因果か入学してしまった一般庶民の牧野つくし。
英徳学園とは幼稚園から大学までの一貫校で、その大部分が幼稚園から入園するとなっている。
よって、幼稚園から高額の学費を払える家庭のみが入学を許され、お金持ちの子弟が多いとなっている。
牧野つくしのセリフから、高校からの外部生入学は「極めて異例」で、若干名しか募集がないということがわかる。
学校はF4(Flower 4―“花の四人組”)を名乗る道明寺司・花沢類・西門総二郎・美作あきらに牛耳られていた。
F4は世界にも通用する程のセレブの御曹司。F4に逆らえる人は1人もいなかった。
ある日、友達を守る為にF4に刃向かったつくしはF4に赤札を貼られ、学校全体からいじめのターゲットにされてしまう。
しかし正義感の強いつくしは“やられたらやり返す、それがあたしのポリシー!”とばかりに立ち向かって行く。
道明寺司は牧野つくしのことを好きになってしまい、それからはつくし一途でそればかり。…いじめられ続け騙され続けた牧野つくしの人生がこのF4によって変わり始めた。
激貧の牧野つくし、大金持ちのF4、この正反対な人達が生み出す恋愛ストーリー。


posted by 花より男子 at 10:40| 日記